メニュー

ホーム>セメント産業の概要

 
セメント産業の概要
 


  日本のセメント産業の本格的な始動は1875(明治8)年にさかのぼります。以来、130年以上の歴史の積み重ねのなかで、ビルやダム、トンネル、橋など、さまざまな社会基盤を整備するための基礎素材提供産業として、日本の繁栄に大きな役割を果たしてきました。
  その品質や製造技術、労働生産性、環境技術は、絶え間ない技術開発の結果、世界のトップクラスに君臨するとともに、近年では廃棄物・副産物等の有効活用により、社会の動・静脈の両面で貢献する産業として、さらなる活躍が期待されています。
日本のセメント産業は、企業数17社、30工場(2017年4月現在)で、工場の所在地は北海道から沖縄まで全国に分布しています。

  ここでは、セメント産業の特徴からその製造方法、セメント各社の取り組みに至るまで、わが国のセメント産業の概要をご紹介していきます。
 
  セメント産業の特徴
  全国のセメント工場めぐり
  セメントの製造方法
  セメントの販売形態
  セメントの流通
  セメントの需給
  構造改善とセメント各社の再編
  セメント各社の取組
 └ 廃棄物・副産物の活用
 └ 物流の合理化
 └ 商流の合理化
 └ 生産停止、キルン休止などによる能力削減
 └ 人員削減

●セメント産業の概要


  セメント工場は全国に分布していますが、特に主原料の石灰石資源が豊富な北九州地区、山口県と国内最大の消費地を抱える関東地区に多く立地しています。
 2017年4月現在、企業数17社、30工場があり、クリンカ(セメントの中間製品)生産能力は55,172千t/年です。
   
全国のセメント工場めぐりへ

セメント工場所在地及びクリンカ製造能力


No 社名 工場名 立地区分 所在地 クリンカ製造能力
(千t/年)
1 日鉄住金セメント 室蘭 臨海 室蘭市仲町64 764
2 太平洋セメント 上磯 臨海 北海道北斗市谷好1-151 3,640
        4,405
3 三菱マテリアル 青森 臨海 青森県下北郡東通村大字尻屋字八峠1 521
4 八戸セメント 八戸 内陸 青森県八戸市大字新井田字下鷹待場7-1 1,175
5 太平洋セメント 大船渡 臨海 岩手県大船渡市赤崎町字跡浜21-6 1,903
6 三菱マテリアル 岩手 内陸 岩手県一関市東山町長坂字羽根堀50 492
        4,091
7 太平洋セメント 熊谷 内陸 埼玉県熊谷市大字三ケ尻5310 1,617
8 三菱マテリアル 横瀬 内陸 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬2270 817
9 太平洋セメント 埼玉 内陸 埼玉県日高市原宿721 1,274
10 潟fイ・シイ 川崎 臨海 川崎市川崎区浅野町1-1 736
        4,444
11 日立セメント 日立 内陸 茨城県日立市平和町2-1-1 696
12 住友大阪セメント 栃木 内陸 栃木県佐野市築地町715 767
        1,463
13 明星セメント 糸魚川 内陸 新潟県糸魚川市上刈7-1-1 1,576
14 デンカ 青海 内陸 新潟県糸魚川市大字青海2209 2,071
15 敦賀セメント 敦賀 臨海 福井県敦賀市泉2-6-1 633
        4,279
16 住友大阪セメント 岐阜 内陸 岐阜県本巣市山口11    968
17 太平洋セメント 藤原 内陸 三重県いなべ市藤原町東禅寺1361-1 1,811
        2,780
18 住友大阪セメント 赤穂 臨海 兵庫県赤穂市折方1513   3,005
        3,005
19 住友大阪セメント 高知 臨海 高知県須崎市押岡123 3,509
        3,509
20 潟gクヤマ 南陽 臨海 山口県周南市御影町1-1 4,859
21 東ソー 南陽 臨海 山口県周南市開成町4560 1,172
22 宇部興産 宇部 臨海 山口県宇部市大字小串1978-2 1,467
23 宇部興産 伊佐 内陸 山口県美祢市伊佐町伊佐4768 3,824
        11,322
24 日鉄住金高炉セメント 小倉 臨海 北九州市小倉北区西港町16 678
25 三菱マテリアル 九州 臨海 福岡県京都郡苅田町松原町12 6,631
26 宇部興産 苅田 臨海 福岡県京都郡苅田町長浜町7 1,612
27 苅田セメント 苅田 臨海 福岡県京都郡苅田町長浜町10 872
28 麻生セメント 田川 内陸 福岡県田川市大字弓削田2877 1,264
29 太平洋セメント 大分 臨海 大分県津久見市合ノ元町2-1 4,203
        15,260
30 琉球セメント 屋部 臨海 沖縄県名護市安和1008 615
合計   55,172
(注)  製造能力は2017年4月1日現在