メニュー

ホーム>イベント・募集>イベント>セメント系固化材セミナー

 

セメント系固化材セミナー

 

  「セメント系固化材セミナー」について

 

「セメント系固化材による地盤改良マニュアル」は、1985年に初版を発刊して以来、建設技術者の手引書的な役割を担って参りました。第4版では、第3版改訂以降の10年間の新技術・建築基礎地盤の改良・固化不溶化などの分野の充実を図ると共に、現場に役立つと思われるデータ類を数多く記載しました。
本セミナーは、この改訂版をテキストとし、最近の固化処理について編集に携わった先生方による講演を行います。この機会に是非ともご聴講いただきますようご案内いたします。
2014年度は、本セミナーを名古屋〔9月17日(水)〕、広島〔12月3日(水)〕、および札幌〔3月10日(火)〕の三都市で開催いたします。

 

  セミナー開催情報

 
最近の固化処理について
第48回セメント系固化材セミナー(札幌)
主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援: 土木研究所寒地土木研究所、地盤工学会北海道支部、土木学会北海道支部、日本建築学会北海道支部、日本コンクリート工学会北海道支部、農業農村工学会北海道支部、日本建設業連合会北海道支部、建設コンサルタンツ協会北海道支部、プレハブ建築協会北海道支部、住宅地盤品質協会、北海道土木技術会土質基礎研究委員会
日 時: 2015年3月10日(火)9:30〜16:50
場 所: ポールスター札幌 ポールスターホール
[〒060-0004札幌市中央区北4条西6丁目]
CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE14-0165 6.0単位)
CPDS: 全国土木施工管理技士会連合会CPDS認定プログラム(283436 6unit)
定 員: 150名(定員になり次第締切させて頂きます)
受講料: 1名当たり12,000円(テキスト代を含む)
申込先: 一般社団法人セメント協会・普及部門 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-9-4 TEL03-5200-5060
 
講 演:
1. 総論−セメント系固化材の地盤改良への多様な展開−    9:30〜10:00
京都大学名誉教授 嘉門雅史 氏
今回「セメント系固化材による地盤改良マニュアル」が改訂となった。改めてセメント系固化材の利用の経緯と地盤改良材としての特徴、およびその適用と留意点等に関する最近の動向について、俯瞰する     キーワード:地盤改良、固化材の機能、工法の特徴、適用の部位、廃棄物の適正処理
 
2. 地盤改良の原理と改良土の特性    10:00〜11:00
(一社)セメント協会 研究所長 近藤秀貴 氏
セメント系固化材の種類と使用方法を紹介する。あわせて、固化の原理と改良土の物理・力学特性とセメント系固化材が環境に及ぼす影響について説明する。     キーワード:固化材、固化原理、改良土、環境
 
3. 浅層改良    11:10〜12:00
株式会社高速道路総合技術研究所 常務執行役員 総括研究主幹(兼)道路研究部長 吉村雅宏 氏
浅層改良における設計の基本的な考え方や、設計上の検討項目および設計事例として仮設道路・建設機械足場の浅層改良を紹介する。また、代表的な施工方法、施工管理、品質管理について説明する。
    キーワード:構造物基礎、建設機械足場、仮設道路、事前調査、設計、施工、施工管理
 
4. 深層改良    13:00〜13:50
東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻 教授 北誥昌樹 氏
深層改良の適用例、格子式、杭式およびブロック式改良地盤の設計法の基本的な考え方や手順を説明する。あわせて、各種工法の施工手順の概要、施工上の留意点 および施工管理方法の考え方を紹介する。
    キーワード:適用事例、液状化対策、設計、配合設計、施工、施工管理、調査・試験
 
5. 建築基礎地盤の改良    13:50〜14:40
大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻 教授 大島昭彦 氏
戸建住宅等の建築基礎地盤の改良にセメント系固化材を適用した工法を用いることが一般的になってきた。講演では建築基礎地盤の浅層改良と深層改良を対象とした事前調査、設計、施工、施工管理などの留意点について説明する。     キーワード:小規模建築物、浅層改良、深層改良、地盤調査、設計手法、品質管理
 
6. 発生土の改良    14:50〜15:30
独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所 寒地基礎技術研究グループ 寒地地盤チーム 主任研究員 林 宏親 氏
建設工事から発生する低品質な発生土や汚泥をセメント系固化材で改良し、土木材料として再利用する改良方法や必要な調査・試験などを示すとともに、利用上の留意点について説明する。
    キーワード:発生土、汚泥、リサイクル、改良方法、利用促進
 
7. 環境と固化処理    15:30〜16:20
京都大学大学院地球環境学堂社会基盤親和技術論分野 教授 勝見 武 氏
汚染土壌への対応に関して調査・対策の概略、重金属等による汚染土壌への固化・不溶化処理の効果、不溶化機構、配合試験のポイントを説明する。さらに、セメント系固化材によるダイオキシン類、油類および臭気対策も含めた環境保全対策を紹介する。
    キーワード:環境保全、土壌汚染、重金属、不溶化
 
トピックス. 地盤改良の耐震効果−東日本大震災における地盤改良調査を踏まえて−    16:20〜16:50
(一社)セメント協会 震災調査WG 斎藤準護 氏
 
 
受講申込書はこちら
第48回セメント系固化材セミナー(札幌)


 
最近の固化処理について
第47回セメント系固化材セミナー(広島)
主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援: 地盤工学会中国支部、土木学会中国支部、日本建築学会中国支部、日本コンクリート工学会中国支部、農業農村工学会中国四国支部、日本建設業連合会中国支部、 建設コンサルタンツ協会中国支部、プレハブ建築協会、住宅地盤品質協会
日 時: 2014年12月3日(水)9:30〜16:50
場 所: JAビル10F 講堂
[〒730-0051 広島市中区大手町4丁目7-3]
CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE14-0164 5.8単位)
定 員: 150名(定員になり次第締切させて頂きます)
受講料: 1名当たり12,000円(テキスト代を含む)
申込先: 一般社団法人セメント協会・普及部門 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-9-4 TEL03-5200-5060
 
講 演:
1. 総論−セメント系固化材の地盤改良への多様な展開−    9:30〜10:00
京都大学名誉教授 嘉門雅史 氏
今回「セメント系固化材による地盤改良マニュアル」が改訂となった。改めてセメント系固化材の利用の経緯と地盤改良材としての特徴、およびその適用と留意点等に関する最近の動向について、俯瞰する     キーワード:地盤改良、固化材の機能、工法の特徴、適用の部位、廃棄物の適正処理
 
2. 地盤改良の原理と改良土の特性    10:00〜11:00
(一社)セメント協会 セメント系固化材技術専門委員会委員長 清田正人 氏
セメント系固化材の種類と使用方法を紹介する。あわせて、固化の原理と改良土の物理・力学特性とセメント系固化材が環境に及ぼす影響について説明する。     キーワード:固化材、固化原理、改良土、環境
 
3. 浅層改良    11:10〜12:00
株式会社高速道路総合技術研究所 常務執行役員 総括研究主幹(兼)道路研究部長 吉村雅宏氏
浅層改良における設計の基本的な考え方や、設計上の検討項目および設計事例として仮設道路・建設機械足場の浅層改良を紹介する。また、代表的な施工方法、施工管理、品質管理について説明する。
    キーワード:構造物基礎、建設機械足場、仮設道路、事前調査、設計、施工、施工管理
 
4. 深層改良    13:00〜14:00
東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻 教授 北詰昌樹 氏
深層改良の適用例、格子式、杭式およびブロック式改良地盤の設計法の基本的な考え方や手順を説明する。あわせて、各種工法の施工手順の概要、施工上の留意点 および施工管理方法の考え方についても紹介する。
    キーワード:適用事例、液状化対策、設計、配合設計、施工、施工管理、調査・試験
 
5. 建築基礎地盤の改良    14:10〜15:10
大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻 教授 大島昭彦 氏
戸建住宅等の建築基礎地盤の改良にセメント系固化材を適用した工法を用いることが一般的になってきた。講演では建築基礎地盤の浅層改良と深層改良を対象とした事前調査、設計、施工、施工管理などの留意点について説明する。     キーワード:小規模建築物、浅層改良、深層改良、地盤調査、設計手法、品質管理
 
6. 環境と固化処理    15:20〜16:20
京都大学大学院地球環境学堂社会基盤親和技術論分野 教授 勝見 武 氏
建設工事から発生する発生土を有効利用するための改良方法を説明する。また、汚染土壌への対応に関して調査・対策の概略、重金属等による汚染土壌への固化・不溶化処理の効果、不溶化機構、配合試験のポイントを説明する。さらに、セメント系固化材によるダイオキシン類、油類および臭気対策も含めた環境保全 対策を紹介する。
    キーワード:環境保全、発生土、土壌汚染、重金属、不溶化
 
トピックス. 地盤改良の耐震効果−東日本大震災における地盤改良調査を踏まえて−    16:20〜16:50
(一社)セメント協会 研究所長 近藤秀貴 氏
 
 
受講申込書はこちら
第47回セメント系固化材セミナー(広島)


 
最近の固化処理について
第46回セメント系固化材セミナー(名古屋)
主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援: 地盤工学会中部支部、土木学会中部支部、日本建築学会東海支部、日本コンクリート工学会中部支部、農業農村工学会京都支部、日本建設業連合会中部支部、 建設コンサルタンツ協会中部支部、プレハブ建築協会中部支部、住宅地盤品質協会
日 時: 2014年9月17日(水)9:30〜16:50
場 所: ルブラ王山2F・飛翔
[〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通8-18]
CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE14-0163 5.8単位)
定 員: 200名(定員になり次第締切させて頂きます)
受講料: 1名当たり12,000円(テキスト代を含む)
申込先: 一般社団法人セメント協会・普及部門 〒103-0023東京都中央区日本橋本町1-9-4 TEL03-5200-5060
 
講 演:
1. 総論−セメント系固化材の地盤改良への多様な展開−    9:30〜10:00
京都大学名誉教授 嘉門雅史 氏
今回「セメント系固化材による地盤改良マニュアル」が改訂となった。改めてセメント系固化材の利用の経緯と地盤改良材としての特徴、およびその適用と留意点等に関する最近の動向について、俯瞰する
    キーワード:地盤改良、固化材の機能、工法の特徴、適用の部位、廃棄物の適正処理
 
2. 地盤改良の原理と改良土の特性    10:00〜11:00
(一社)セメント協会 研究所長 近藤秀貴 氏
セメント系固化材の種類と使用方法を紹介する。あわせて、固化の原理と改良土の物理・力学特性とセメント系固化材が環境に及ぼす影響について説明する。
    キーワード:固化材、固化原理、改良土、環境
 
3. 建築基礎地盤の改良    11:10〜12:10
大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻 教授 大島昭彦 氏
戸建住宅等の建築基礎地盤の改良にセメント系固化材を適用した工法を用いることが一般的になってきた。講演では建築基礎地盤の浅層改良と深層改良を対象とした事前調査、設計、施工、施工管理などの留意点について説明する。
    キーワード:小規模建築物、浅層改良、深層改良、地盤調査、設計手法、品質管理
 
4. 浅層改良    13:10〜14:00
株式会社高速道路総合技術研究所 常務執行役員 総括研究主幹(兼)道路研究部長 吉村雅宏氏
浅層改良における設計の基本的な考え方や、設計上の検討項目および設計事例として仮設道路・建設機械足場の浅層改良を紹介する。また、代表的な施工方法、施工管理、品質管理について説明する。
    キーワード:構造物基礎、建設機械足場、仮設道路、事前調査、設計、施工、施工管理
 
5. 深層改良    14:10〜15:10
東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻 教授 北詰昌樹 氏
深層改良の適用例、格子式、杭式およびブロック式改良地盤の設計法の基本的な考え方や手順を説明する。あわせて、各種工法の施工手順の概要、施工上の留意点 および施工管理方法の考え方についても紹介する。
    キーワード:適用事例、液状化対策、設計、配合設計、施工、施工管理、調査・試験
 
6. 環境と固化処理    15:20〜16:20
京都大学大学院地球環境学堂社会基盤親和技術論分野 教授 勝見 武 氏
建設工事から発生する発生土を有効利用するための改良方法を説明する。また、汚染土壌への対応に関して調査・対策の概略、重金属等による汚染土壌への固化・不溶化処理の効果、不溶化機構、配合試験のポイントを説明する。さらに、セメント系固化材によるダイオキシン類、油類および臭気対策も含めた環境保全対策を紹介する。
    キーワード:環境保全、発生土、土壌汚染、重金属、不溶化
 
トピックス. 地盤改良の耐震効果−東日本大震災における地盤改良調査を踏まえて−    16:20〜16:50
(一社)セメント協会 震災調査WG 斎藤準護 氏
 
 
受講申込書はこちら
第46回セメント系固化材セミナー(名古屋)
     
お問合せ・お申込み先

一般社団法人セメント協会普及部門
E-mail fukyu@jcassoc.or.jp
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目9番4号
Daiwa日本橋本町ビル7階
TEL 03-5200-5060  FAX 03-5200-5062