メニュー

ホーム>イベント・募集>イベント>セメント系固化材の利活用セミナー

 

セメント系固化材の利活用セミナー


■セメント系固化材の利活用セミナー 名古屋 (2016年8月24日(水)) 定員に達したため募集終了しました
■セメント系固化材の利活用セミナー 金沢 (2016年11月2日(水))
■セメント系固化材の利活用セミナー 広島 (2016年12月9日(金))
■セメント系固化材の利活用セミナー 大阪 (2017年1月24日(火))
 

  セミナー開催情報

 
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−

主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援(予定): 公益社団法人土木学会関西支部 公益社団法人地盤工学会関西支部 一般社団法人日本建築学会近畿支部 公益社団法人日本材料学会関西支部 公益社団法人日本コンクリート工学会近畿支部 一般社団法人日本建設業連合会関西支部 一般社団法人建設コンサルタンツ協会近畿支部 NPO住宅地盤品質協会
 
  セメント系固化材を用いた地盤改良工法は、多種多様な施工機械も開発されて、液状化対策や地盤の安定対策、既設構造物の耐震補強技術などのさまざまな用途で用いられており、今やインフラ整備には必要不可欠な技術となっております。セメント協会では、東北地方太平洋沖地震の発生後、改良地盤上の構造物および地盤の安定性の確認を目的に、被害状況などを調査し、「東日本大震災におけるセメント系固化材を用いた地盤改良に関する調査報告書」を発刊致しました。報告書では、セメント系固化材による地盤改良の耐震効果の適用事例を中心に紹介しております。一方で、復旧・復興工事に関しては、工事が進行中であり、セメント系固化材が使用された適用事例の掲載が少ないため、報告書発刊後も調査を継続してきました。調査の過程において、将来の大規模災害に備えた地盤改良工事が多数実施されていることが判明したため、これら適用事例を収集・整理し、あらたに「大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割」と題した報告書を取りまとめました。
  一連の調査結果が、セメント系固化材を用いた地盤改良工事の重要性・有効性の理解を助け、今後の地盤改良工事の計画、設計、施工、施工管理と品質管理に大いに活用されることを期待しております。
  この機会に是非ともご聴講いただけますようご案内申し上げます。
 
1.日 時: 2017年1月24日(火)10:20〜16:20
2.会 場: 大阪国際交流センター 大会議室さくら [〒543-0001 大阪市天王寺上本町8-2-6
3.受講料: 無料
4.定 員: 200名(定員になり次第締め切らせていただきます)
5.CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE16-0946 4.5単位)
6.講 演:
10:20〜10:30 開会の挨拶
(一社)セメント協会 セメント系固化材普及専門委員会 委員長 杉山 和久 氏
10:30〜11:00 大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割
東京工業大学大学院 教授 北詰 昌樹 氏
11:00〜12:00 セメント系固化材の概要と適用事例調査について
(一社)セメント協会 セメント系固化材技術専門委員会 委員 有馬 克則 氏
13:00〜14:00 セメント系固化材の地盤改良への多様な展開
京都大学 名誉教授 嘉門雅史 氏
14:10〜15:10 セメント系固化処理工法の新しい改良形式について
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
港湾空港技術研究所 地盤研究領域 領域長
兼 土質研究グループ グループ長 森川 嘉之 氏
15:20〜16:20 発生土や分別土の利用と地盤環境への影響
京都大学大学院 教授 勝見 武 氏
7.申込先: セメント協会 普及部門宛に受講申込書をFAXしてください
103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 FAX.03-5200-5062 TEL03-5200-5060
 
 
受講申込書はこちら
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−



 
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−

主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援(予定): 公益社団法人土木学会中国支部 公益社団法人地盤工学会中国支部 一般社団法人日本建築学会中国支部 公益社団法人日本材料学会中国支部 公益社団法人日本コンクリート工学会中国支部 一般社団法人日本建設業連合会中国支部 一般社団法人建設コンサルタンツ協会中国支部 NPO住宅地盤品質協会
 
  セメント系固化材を用いた地盤改良工法は、多種多様な施工機械も開発されて、液状化対策や地盤の安定対策、既設構造物の耐震補強技術などのさまざまな用途で用いられており、今やインフラ整備には必要不可欠な技術となっております。セメント協会では、東北地方太平洋沖地震の発生後、改良地盤上の構造物および地盤の安定性の確認を目的に、被害状況などを調査し、「東日本大震災におけるセメント系固化材を用いた地盤改良に関する調査報告書」を発刊致しました。報告書では、セメント系固化材による地盤改良の耐震効果の適用事例を中心に紹介しております。一方で、復旧・復興工事に関しては、工事が進行中であり、セメント系固化材が使用された適用事例の掲載が少ないため、報告書発刊後も調査を継続してきました。調査の過程において、将来の大規模災害に備えた地盤改良工事が多数実施されていることが判明したため、これら適用事例を収集・整理し、あらたに「大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割」と題した報告書を取りまとめました。
  一連の調査結果が、セメント系固化材を用いた地盤改良工事の重要性・有効性の理解を助け、今後の地盤改良工事の計画、設計、施工、施工管理と品質管理に大いに活用されることを期待しております。
  この機会に是非ともご聴講いただけますようご案内申し上げます。
 
1.日 時: 2016年12月9日(金)13:00〜16:50
2.会 場: 広島県JAビル10F講堂[〒730-0051 広島市中区大手町4丁目7−3]
3.受講料: 無料
4.定 員: 200名(定員になり次第締め切らせていただきます)
5.CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE16-0422 3.5単位)
6.講 演:
13:00〜13:10 開会の挨拶
(一社)セメント協会
13:10〜13:40 大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割
東京工業大学大学院 教授 北詰 昌樹 氏
13:40〜14:30 セメント系固化材の概要と適用事例調査について
(一社)セメント協会 震災調査WG
14:40〜15:40 セメント系固化処理工法の新しい改良形式について
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
港湾空港技術研究所 地盤研究領域 領域長
兼 土質研究グループ グループ長 森川 嘉之 氏
15:50〜16:50 発生土や分別土の利用と地盤環境への影響
京都大学大学院 教授 勝見 武 氏
7.申込先: セメント協会 普及部門宛に受講申込書をFAXしてください
103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 FAX.03-5200-5062 TEL03-5200-5060
 
 
受講申込書はこちら
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−



 
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−

主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援: 公益社団法人土木学会中部支部 公益社団法人地盤工学会北陸支部 一般社団法人日本建築学会北陸支部 公益社団法人日本材料学会北陸信越支部 公益社団法人日本コンクリート工学会中部支部 一般社団法人日本建設業連合会北陸支部 一般社団法人建設コンサルタンツ協会北陸支部 NPO住宅地盤品質協会
 
  セメント系固化材を用いた地盤改良工法は、多種多様な施工機械も開発されて、液状化対策や地盤の安定対策、既設構造物の耐震補強技術などのさまざまな用途で用いられており、今やインフラ整備には必要不可欠な技術となっております。セメント協会では、東北地方太平洋沖地震の発生後、改良地盤上の構造物および地盤の安定性の確認を目的に、被害状況などを調査し、「東日本大震災におけるセメント系固化材を用いた地盤改良に関する調査報告書」を発刊致しました。報告書では、セメント系固化材による地盤改良の耐震効果の適用事例を中心に紹介しております。一方で、復旧・復興工事に関しては、工事が進行中であり、セメント系固化材が使用された適用事例の掲載が少ないため、報告書発刊後も調査を継続してきました。調査の過程において、将来の大規模災害に備えた地盤改良工事が多数実施されていることが判明したため、これら適用事例を収集・整理し、あらたに「大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割」と題した報告書を取りまとめました。
  一連の調査結果が、セメント系固化材を用いた地盤改良工事の重要性・有効性の理解を助け、今後の地盤改良工事の計画、設計、施工、施工管理と品質管理に大いに活用されることを期待しております。
  この機会に是非ともご聴講いただけますようご案内申し上げます。
 
1.日 時: 2016年11月2日(水)13:00〜16:50
2.会 場: 金沢商工会議所会館1Fホール[〒920-0918 金沢市尾山町9-13]
3.受講料: 無料
4.定 員: 200名(定員になり次第締め切らせていただきます)
5.CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE16-0421 3.5単位)
6.講 演:
13:00〜13:10 開会の挨拶
(一社)セメント協会
13:10〜13:40 大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割
東京工業大学大学院 教授 北詰 昌樹 氏
13:40〜14:30 セメント系固化材の概要と適用事例調査について
(一社)セメント協会 震災調査WG
14:40〜15:40 セメント系固化処理工法の新しい改良形式について
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
港湾空港技術研究所 地盤研究領域 領域長
兼 土質研究グループ グループ長 森川 嘉之 氏
15:50〜16:50 発生土や分別土の利用と地盤環境への影響
京都大学大学院 教授 勝見 武 氏
7.申込先: セメント協会 普及部門宛に受講申込書をFAXしてください
103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 FAX.03-5200-5062 TEL03-5200-5060
 
 
受講申込書はこちら
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−



 
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−

主 催: 一般社団法人セメント協会
後 援: 公益社団法人土木学会中部支部 公益社団法人地盤工学会中部支部 一般社団法人日本建築学会東海支部 公益社団法人日本材料学会東海支部 公益社団法人日本コンクリート工学会中部支部 一般社団法人日本建設業連合会中部支部 一般社団法人建設コンサルタンツ協会中部支部 NPO住宅地盤品質協会
 
  セメント系固化材を用いた地盤改良工法は、多種多様な施工機械も開発されて、液状化対策や地盤の安定対策、既設構造物の耐震補強技術などのさまざまな用途で用いられており、今やインフラ整備には必要不可欠な技術となっております。セメント協会では、東北地方太平洋沖地震の発生後、改良地盤上の構造物および地盤の安定性の確認を目的に、被害状況などを調査し、「東日本大震災におけるセメント系固化材を用いた地盤改良に関する調査報告書」を発刊致しました。報告書では、セメント系固化材による地盤改良の耐震効果の適用事例を中心に紹介しております。一方で、復旧・復興工事に関しては、工事が進行中であり、セメント系固化材が使用された適用事例の掲載が少ないため、報告書発刊後も調査を継続してきました。調査の過程において、将来の大規模災害に備えた地盤改良工事が多数実施されていることが判明したため、これら適用事例を収集・整理し、あらたに「大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割」と題した報告書を取りまとめました。
  一連の調査結果が、セメント系固化材を用いた地盤改良工事の重要性・有効性の理解を助け、今後の地盤改良工事の計画、設計、施工、施工管理と品質管理に大いに活用されることを期待しております。
  この機会に是非ともご聴講いただけますようご案内申し上げます。
 
1.日 時: 2016年8月24日(水)13:00〜16:50
2.会 場: ルブラ王山2F・飛翔[〒464-0841名古屋市千種区覚王山通8-18]
3.受講料: 無料
4.定 員: 200名(定員になり次第締め切らせていただきます)
5.CPD: 土木学会認定CPDプログラム(JSCE16-0420 3.5単位)
6.講 演:
13:00〜13:10 開会の挨拶
(一社)セメント協会
13:10〜13:40 大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割
東京工業大学大学院 教授 北詰 昌樹 氏
13:40〜14:30 セメント系固化材の概要と適用事例調査について
(一社)セメント協会 震災調査WG
14:40〜15:40 セメント系固化処理工法の新しい改良形式について
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
港湾空港技術研究所 地盤研究領域 領域長
兼 土質研究グループ グループ長 森川 嘉之 氏
15:50〜16:50 発生土や分別土の利用と地盤環境への影響
京都大学大学院 教授 勝見 武 氏
7.申込先: セメント協会 普及部門宛に受講申込書をFAXしてください
103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 FAX.03-5200-5062 TEL03-5200-5060
 
 
定員に達しましたので締切ました。
たくさんのお申込みありがとうございました。
セメント系固化材の利活用セミナー
−大規模災害に対してセメント系固化材による地盤改良が果たす役割−



 
 
お問合せ・お申込み先

一般社団法人セメント協会普及部門
E-mail fukyu@jcassoc.or.jp
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目9番4号
ヒューリック日本橋本町一丁目ビル7階
TEL 03-5200-5060  FAX 03-5200-5062