メニュー

ホーム>各種ご案内>出版物のご案内>単行本

 

単行本


■セメント・コンクリート化学 解説付きデータ集 新刊
■セメントハンドブック(2017年度版) 新刊
■セメント系固化材による地盤改良マニュアル(第4版)
■すぐに役立 つセメント系補修・補強材料の基礎知識[第2版]
■セメントの常識 新刊
■現場コンクリートあれこれ
■コンクリート夜話
   
■わかりやすいセメント科学
■コンクリート技術者のためのセメント化学雑論
■セメント・コンクリート化学とその応用
■C&Cエンサイクロペディア
■C3クリップボード[コンクリート化学編]
■C3クリップボード[セメント化学編]
■変形ポルトランドセメント

 出版物等の入手方法>>
 


▲ページの先頭へ
書籍名 セメント・コンクリート化学 解説付きデータ集
コメント セメント・コンクリート化学に携わっている若手技術者への技術の伝承を目的とした解説書。
セメント・コンクリート化学の研究を行う際の基本的な測定、手法を取り上げ、それぞれの測定、手法について、以下の構成でまとめている。
@各種の測定および手法の原理
Aセメントおよびセメント硬化体を対象とした留意点
Bデータの見方などに関する解説
ISBN 978-4-88175-139-8
分類コード C3050
税込価格 定価3,240円(本体 3,000円+税 240円)
発行日 2016年6月29日
サイズ A4判(384頁)
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 セメントハンドブック(2017年度版)
コメント わが国セメント産業の諸統計(生産・需給・流通など)便覧。
ISBN 978-4-88175-143-5
分類コード C0060
税込価格 定価500円(本体 463円+税 37円)
発行日 2017年6月22日
サイズ A4判
 
 


■第4版の正誤表
   こちらをご覧ください

■第3版1刷の正誤表
   こちらをご覧ください

■第3版2刷の正誤表
   こちらをご覧ください

▲ページの先頭へ
書籍名 セメント系固化材による地盤改良マニュアル(第4版)
コメント セメント系固化材による地盤改良の原理とその特徴、環境保全を含めた各種の用途と適用について豊富な実施例を交えてわかりやすく解説。
地盤改良に関わる技術者必携の書。今回の改訂では、
  @セメント系固化材の特徴と改良原理をさらにわかりやすく解説。
  A地盤の液状化と固化による耐震効果について言及。
  B各種用途の設計方法を数多く掲載。
  C汚染土壌の不溶化における配合設計の考え方を新たに記述。
  Dセメント系固化材による地盤改良の精選した実施例を21例紹介。
ISBN 978-4-88175-118-3
分類コード C3051
税込価格 定価6,480円(本体 6,000円+税 480円)
発行日 2012年10月10日 4版1刷
サイズ A5判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 すぐに役立つセメント系補修・補強材料の基礎知識[第2版]
コメント 初版の内容(断面修復工法、グラウト工法、無収縮グラウト工法)に、新たに、以下の項目を追加した。
  @ひび割れ注入工法、表面被覆工法、表面含浸工法、はく落防 止工法、電気化学的防食工法の解説
  A耐久性に対する考え方やライフサイクルコストについて、構 造物と補修との係わりを中心とした解説
  B劣化原因や劣化状況に応じた補修工法の選定方法についての 解説
  C現場でしばしば繰り返される補修・補強材に関する失敗例と その原因・対策
ISBN 978-4-88175-113-8
分類コード C3058
税込価格 定価3,456円(本体 3,200円+税 256円)
発行日 2011年8月25日
サイズ B5判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 セメントの常識
コメント 「はじめて学ぶセメント・コンクリート」をコンセプトにその物性から歴史、産業規模など基礎から応用まで図面や写真で解説。初心者には入門書として、ベテランの方は知識の再整理と、幅広くお役に立つ内容です。
ISBN 978-4-88175-140-4
分類コード C0050
税込価格 定価2,160円(本体 2,000円+税 160円)
発行日 2017年1月
サイズ A4判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 現場コンクリートあれこれ
コメント コンクリートの材料から竣工検査までの実践的キーポイントを43項目にわたって楽しく解説。現場技術者はもちろん、生コン・コンクリート製品・設計・施工・試験検査等に携わる方必読の書。講習・研修用にも最適。
ISBN 978-4-88175-011-7
分類コード C3050
税込価格 定価1,049円(本体 971円+税 78円)
発行日 平成15年4月 第1版第10刷
サイズ A5判
著者 高橋和雄
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 コンクリート夜話
コメント 官民を通じて半世紀以上セメント・コンクリート界を見守ってこられた工博・山田順治氏の技術エッセイ集。豊富な経験と幅広い知識を凝縮した一冊。
ISBN 978-4-88175-037-7
分類コード C3050
税込価格 定価2,160円(本体 2,000円+税 160円)
発行日 1998年3月 第1版第1刷
サイズ A5判
著者 山田順治
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 わかりやすいセメント科学
コメント セメント研究者がセメントをコンクリートとして使用する際の基礎知識をやさしく解説。
「コンクリート工学とセメント化学の間の架け橋」を目指した実用書。
ISBN 978-4-88175-031-5
分類コード C3058
税込価格 定価2,622円(本体2,428円+税194円)
発行日 1993年3月
サイズ B5判
   
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 コンクリート技術者のためのセメント化学雑論
《増補/アルカリ骨材反応》
コメント セメント・コンクリートの諸現象をセメント化学の立場から、やさしく解説
ISBN 978-4-88175-009-4
分類コード C3045
税込価格 定価2,160円(本体 2,000円+税 160円)
発行日 2014年9月 同 上  第4刷
サイズ A5判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 セメント・コンクリート化学とその応用
コメント コンクリート技術者ならぜひ知っておきたい化学的知識22話をイラスト入りでやさしく解説
ISBN 978-4-88175-020-9
分類コード C3043
税込価格 定価2,592円(本体 2,400円+税 192円)
発行日 2006年2月 第1版第3刷
サイズ A5判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 C&Cエンサイクロペディア
[セメント・コンクリート化学の基礎解説]
コメント コメント 単なる語句の説明にとどまらず、基礎知識として知っておきたい114項目をそれぞれ1〜2ページで明快かつ簡潔にまとめました。用語辞典とは一味違う切り口の一冊。
ISBN 978-4-88175-036-0
分類コード C3058
税込価格 定価3,132円(本体 2,900円+税 232円)
発行日 2004年3月 第1版第3刷
サイズ A5判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 3クリップボード
[コンクリート化学編]
コメント セメント化学編に続く第2弾。コンクリートにまつわるキーワード47件を2〜3頁で簡潔にまとめました。2冊あわせて持っておきたい「常備本」です。
ISBN 978-4-88175-117-6
分類コード C3058
税込価格 定価3,024円(本体 2,800円+税 224円)
発行日 2013年1月 第1版第1刷
サイズ A4判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 3クリップボード
[セメント化学編]
コメント セメント化学分野の各種用語や現象のポイントを58項目にわたり判りやすく解説しました。セメント化学のなぜ?どうして?を明解に解決する1冊です。
ISBN 978-4-88175-092-6
分類コード C3058
税込価格 定価3,024円(本体 2,800円+税 224円)
発行日 2008年1月 第1版第1刷
サイズ A4判
 
 


▲ページの先頭へ
書籍名 変形ポルトランドセメント
コメント セメントクリンカーの生成において中心的かつ多角的な役割を果たしているクリンカー液相に関する種々の基礎研究の成果をまとめた著書(ロシア語)を日本語で抄訳。
ISBN 978-4-88175-071-1
分類コード C3050
税込価格 定価2,376円(本体 2,200円+税 176円)
発行日 2005年6月16日
サイズ A4判
著者 A.P.オソキン、Y.R.クロヴォボロドフ、E.N.ポタポヴァ
訳者 牧 巖