メニュー

ホーム>イベント・募集>イベント>セメント技術大会

 

セメント技術大会

 

  「セメント技術大会」について

 
  セメント技術大会は、毎年5月に東京で開催されるセメント・コンクリートの技術的・学術的研究発表です。
  例年約160件の研究発表があり、3日間にわたり開催しています。
  研究発表の内容は、セメント化学、建築、土木分野と多岐にわたり、約700名の研究者が参集し、活発な質疑応答が行われています。
  第55回大会より、セメント製造技術シンポジウムも1セッションとして継承されました。
  この大会への発表及び聴講は、どなたでも参加できます。

セメント技術大会の目的
 
1. セメント・コンクリートに関する技術・研究の成果を発表する場とし、セメント製造およびセメント・コンクリートの材料科学に関する技術情報の発信および交換に重きを置く。
2. セメント・コンクリートに携わる研究者に技術開発への意識を高揚させ、さらなる活性化を図る。
3. セメント産業としての社会貢献への取組を広くアピールする場とする。

 
第70回セメント技術大会
 

第70回セメント技術大会
日時 2016年5月10日(火)〜12日(木)
特別講演1 5月11日(水) 15時15分〜16時15分
セメント産業の現状と将来像

株式会社日本政策投資銀行
産業調査部長
 川住昌光氏
特別講演2 5月11日(水) 16時30分〜18時00分
これからのインフラ整備の重要性

国立研究開発法人土木研究所
理事長
 魚本健人氏
場所 ホテルメトロポリタン
東京都豊島区西池袋1-6-1(池袋駅西口より徒歩約3分)
->地図(Hotel Metroplitanホームページ「アクセス」)
参加費 無 料
※事前申込は必要ございません。
当日、名刺をご持参いただき、会場にて受付を行ってください。
プログラム PDFファイル(FileSize 1,702KB)
ポスター PDFファイル(FileSize 2,646KB)
講演要旨集
冊子/CD-ROM
4月下旬発行予定  大会終了まで特別価格にて販売
印刷版(A4版):5,000円(税込) CD-ROM版:5,000円(税込)
※セットでお求めの場合は、8,000円(税込)となります。
※当日、会場にて販売いたします。事前に購入をご希望の方は、こちら

講演要旨正誤表
PDFファイル(FileSize 913KB)
 
セメント技術大会講演要旨・総合索引
 

  本大会において発表された多くの研究報文の中から、目的の研究報文を探し出すために、総合索引を提供しております。
  第51回以降の講演に関する情報が、Web版の総合索引に登載されています。下記サイトをご利用ください。

  ■Web版「セメント技術大会講演要旨・総合索引」
    -使用方法


  なお、本システムをご利用頂くには、Adobe社のFlashPlayerが必要となります。ご利用できない環境の方へは、検索ができる簡易なシステムを下記サイトにおいて提供しております。

  ■「セメント技術大会講演要旨 簡易検索システム」

  第51回より前の研究報文についてお調べの方は、書籍版の総合索引をご利用ください。

 

書籍「セメント技術大会・総合索引」


 
セメント技術大会優秀講演者

  セメント協会は,第69回セメント技術大会(2015年5月12〜14日)において優秀な講演を行った17名の講演者を表彰した。
  2002年から行っている本表彰は,大会全体の活性化と若手研究者・技術者(35歳以下)の研究奨励を目的としており,@講演要旨のわかりやすさ,Aプレゼン資料の表現,B発表の方法,C時間配分の適切さ,D発表時間,E質問に対する回答の的確さ,F発表態度,G研究内容のレベルについて審査を行い,特に優秀と認められた講演者に対し授与している。今年度は,選考対象101名のうち,下表に示す17名を優秀講演者とし、表彰状と記念品を授与した。

第69回セメント技術大会 優秀講演者
講演
番号
講演者
(敬称略)
所属 講演題目
1103 太田亨 東京工業大学 Ca4Al2Fe2O10-CaSO4・2H2O-CaCl2系の水和生成物
1104 高橋恵輔 宇部興産(株) セメントモルタルの初期水和挙動に及ぼす撹拌作用の影響
1109 BUI P. Trinh 広島大学 EFFECT OF STARTING TIME OF ALKALI ACTIVATION ON POZZOLANIC REACTION OF FLY ASH CEMENT PASTE
1312 松澤一輝 東京工業大学 セメント系分散剤を添加したセメントペーストとフッ化カリウムの相互作用
1318 鳴海玲子 (株)フローリック 鉱物油系収縮低減剤の耐凍害性に影響する諸因子の検討
2108 安藝朋子 太平洋セメント(株) 省エネルギー型汎用セメントの設計
2303 白濱暢彦 三菱マテリアル(株) 高温X線回折を用いたクリンカー鉱物の生成プロセスのその場観察
2308 高市大輔 新潟大学 長期暴露したコンクリートにおけるセメント水和物の化学分析と炭酸化機構に関する検討
3110 泉尾英文 (一社)セメント協会 舗装用ポーラスコンクリートの骨材飛散抵抗性に関する研究
3120 前島拓 日本大学 凍結防止剤散布下におけるコンクリートのASR特性とその対策に関する実験的検討
3201 桃野英太郎 北海道大学 自然電位法を用いたRC床版内に2段配筋された鉄筋の腐食診断
3206 伊藤孝文 芝浦工業大学 CaO・2Al2O3と膨張材を併用した低熱ポルトランドセメントの塩分浸透抑制評価
3214 直町聡子 東京理科大学 電気泳動試験を用いた硫酸イオンがセメント硬化体の塩化物イオン浸透性に及ぼす影響
3301 宇城将貴 電気化学工業(株) 中空微小球の混和による耐凍害性の向上のメカニズムの検討
3302 藤井隆史 岡山大学 小片供試体を用いたモルタルの凍結融解による劣化機構に関する研究
3307 神部直也 住友大阪セメント(株) 空気量調整剤の添加方法が凍結融解抵抗性に与える影響
3313 佐藤賢之介 新潟大学 硫酸塩の作用によるエトリンガイトの生成が硫酸イオン移動性状に及ぼす影響

 
過去の大会概要

 
お問合せ先

一般社団法人セメント協会研究所
技術情報グループ

E-mail jca_event@jcassoc.or.jp
〒114-0003 東京都北区豊島4丁目 17 番 33 号